10 月15

挑戦し続けるということ。

「ありがとうございました!!!!!!!!」

AGESTOCK2011のフィナーレで、代表の高村啓太の最後の挨拶とともに、史上初となる2日間に渡ったAGESTOCK2011は幕を閉じた。歓声と拍手とともに、キャノン砲から放たれたキラキラと輝く金銀のテープが僕らの頭上に降り注ぐ。その瞬間、まばゆい光がAGEスタッフとAGESTOCKに出演してくれた学生パフォーマーたちを一気に照らし出す。会場は、大きな、大きな拍手で包まれる。the pillowsのONE LIFEがエンドロールで流れ出す。今日で引退となるAGESTOCK2011実行委員会の3年生はステージ上で抱き合って泣いている。

そうか。そうだ。

2年前、確かに、僕はあそこにいた。

AGESTOCK2009のフィナーレで。

僕らはあの場所に立っていた。

四年間、ずっと夢にまで見た日本武道館で。

あの景色を、僕は確かに見た。

あの当時のフィナーレが自分の中で蘇る。

夢は叶うんだと、心から思えたあの瞬間が。

あの日本武道館からもう2年が経ったのか。

あの横浜アリーナから、早1年が経とうというのか。

2006年の創設から、

どれだけ多くの人が、

このAGEという場所に関わってきたか。

AGESTOCKという場所には、

この景色には、どれだけ、たくさんの人の想いと夢が詰まってきたか。

何度打ちのめされ、諦めそうになり、それでも立ち上がり、挑戦してきたか。

決して、言葉にはしきれない、たくさんの感情がこみ上げてきた。

フィナーレが終わった瞬間、僕の頬を大粒の涙が伝った。

ああ、いくつになっても、涙ってこんなに出るものなんだと、

そこで初めて実感した。

溢れんばかりに、涙が出た。

とめどなく、止まるはずもない。

一気に、色んな想いがこみ上げてきた。

一瞬にして、たくさんの人の顔が、駆け巡った。

今、この場所にはいないけど、

本当にこの6年間でAGEに関わってくれたすべての人のおかげで

2011年10月9日の今日というこの日を迎えることができたんだな、と。

だからこそ、この場所が、この景色があるんだなと。

心から、感謝せずにはいられない。

今年も、AGESTOCKが無事開催されたということ。

後輩達が、今なお、挑戦し続けているということ。

その光景を見て、絶対に、涙が出ないはずがない。

僕はこうやって、

AGESTOCKに来る度に、

一年という月日が経った事を、

これから先の自分の人生の中で、

自分の誕生日よりも、はるかにリアルに、生々しく、感じるのだ、と。

ここで、毎年、僕はまた一つ、また一歳、僕らは大人になるんだ、と。

昔、僕の尊敬する歌手が言った。

なんとなく僕たちは大人になるんだ。

でも、そうじゃない。

僕らはこれから、なんとなくじゃない。

毎年やってくるであろう、この季節に。

AGESTOCKという場所で。

また一つ、大人になるんだ、と。

僕らの前に道はない。

僕らの後ろに道はできる。

2006年にAGEを立ち上げ、何度も何度もそう言い続けた4年間だった。

2009年の日本武道館が終わって、

僕は四年間走り続けたバトンを亮介に託した。

横浜アリーナが終わって、亮介は、高村啓太に次のバトンを託した

そしてAGESTOCK2011で引退となる高村は、

本多和幸に、そのバトンをこれから託すのだろう。

道は、出来ていた。

僕らの足跡は、続いていたのだ。

あの当時、6年前まだ荒野だった道なき道は、

気がつけば、道になっていた。

僕の8年間という大学生活が終わろうとしている。

大学生活最後のAGESTOCKで、

そのことの意味が、そのことの重みが、

AGESTOCK2011という場所で、フィナーレを見て、

ようやく初めて、分かった気がする。

どんな靴をはいていてても 歩けば僕の足跡
立ち止まればそれまで 僕が終わる印
汚れた僕の鏡で 写せるたった一つの
偽物じゃない光 キミは僕の光
さわれないその記憶は いつか失くしてしまうだろう
形は残らなくても キミは僕の光

(the pillows / ONE LIFE )

僕にとって、キミは、

決して、他でもない。

AGEという場所を共に駆け抜けた大切な戦友たちであり、

これから大学生活を懸けるであろう未来の後輩達であり、

AGESTOCKそのものだった。

僕はAGESTOCK2012も見に行くだろう。

そして、AGESTOCK2013も見に行くだろう。

AGESTOCKだけは何があっても毎年、絶対に見に行こう。

死ぬまで、AGESTOCKだけは、見に行くんだ。

そして、毎年、自分自身に問いかけよう。

日本武道館に初めて立ったあの時の自分に、今の自分は負けてないだろうか、と。

一生懸命、夢だけをただひたすら追いかけていたあの頃の自分に。

日本武道館だけを目指していた、2009年の光井勇人に負けてないか、と。

そしてその答えは、ただ一つだ。

負けれない。

僕は、絶対に、負けるわけにいかないのだ。

後輩たちが、AGESTOCKという場所で挑戦し続けている限り

僕は、あの時の僕に、絶対に負けられないのだ。

だから、死ぬまで挑戦し続けるんだ。

そう思うと、ハラの底から、元気がでた。

日本を元気にしようと、AGESTOCK2011を見て、改めて、思った。

最後に。

AGEという団体が2006年に誕生し、AGESTOCKが2008年O-EASTで産声を上げ、2009年日本武道館、2010年横浜アリーナ、2011年東京ドームシティホールと挑戦し続けてこれたという奇跡に、心からお礼申し上げます。その軌跡を支えて下さった全ての方々、本当に有難うございます。

どうか今後ともAGESTOCKを何卒宜しくお願いします。

光井勇人

最後の最後に。

>AGESTOCK2011と現役へ!

最高でした。愛してます。本当に、ありがとう。

光井勇人

*今日のおやすみBGM
http://www.youtube.com/watch?v=0ob1cpyd8KQ

プロフィール

株式会社エイジ・エンタテインメント

株式会社エイジ・エンタテインメント代表取締役

株式会社エイジプロジェクト

株式会社エイジプロジェクト 取締役

学生団体AGE 初代代表(2006-2009)

AgeStock2009実行委員会 代表

イベント学会理事(26歳/最年少)

カレンダー

2017 年 9月
« 10 月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) AGE Entertainment Inc. All Rights Reserved.