KOBE COLLECTION 2010SPRING/SUMMER 神戸公演速報レポート

http://kobe-collection.com/report/flash_kobe.html

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
大学生限定セミナー!

『 テレ朝系 元女子アナに学ぶ!
人を惹きつける”話し方”実践講座』

3/16(火) or 17(水)  新宿19:00~
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 
就活真っ最中の大学3年生!
1,2年後に就活を控える大学1,2年生!
こんにちは!
「内定が決まらない」「ES全然通らない」「不景気で採用枠自体少ない」
そんな厳しい今だからこそ、しっかりと自分自身のスキルを高める必要があります。
人を惹きつける「話し方」、ぜひ盗んでくださいね!

 
―― 就活生へ―――――――
内定を勝ち取る上で重要になるのが「圧倒的なコミュニケーション能力」です。
テレ朝系の元女子アナウンサーが一人一人に丁寧に指導します!知ってるようで知らない敬語の使い方、効果的な自己PR方法、担当者ウケする面接術を伝授しちゃいます!

 

――大学1、2年生へ―――――
就活に対して漠然とした不安を抱いてませんか?
1、2年生のうちから就活、そして将来を見据えて「話し方」を勉強するのはかなり得策ですよ!

 
100名限定のセミナーです!受講者は、学生団体所属者やマスコミ/大手広告代理店を目指している大学生が多いです。受講費も本来5000円のところ特別割引にて3000円です。飲み会1回分のお金で、スキルアップできちゃいますよ!

 
☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

『 テレ朝系 元女子アナに学ぶ!
人を惹きつける”話し方”実践講座』詳細
【日程】 3月16日(火)、17日(水)  お好きな日にちをお選びください。
【時間】19:00~21:00
【場所】新宿オークタワー(新宿区西新宿6-8-1)
【受講費】5000円→当日「告知文を見たんですけど」と言えば3000円!
【応募方法】mp.seminar@gmail.comまで「名前、所属大学名、電話番号、メールアドレス、火曜*水曜どちらか」を明記の上メールください。

◆主催
株式会社メリディアンプロモーション
http://www.meridian-p.net/

☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

 

 プラスティー代表・清水章弘さん

出会いは武道館で行われたAgeStock’09のNEXT ENTREPRENEUR 2009 AWARD だった。

僕は2008AWARD優秀賞を受賞してて、気づいたら、2009AWARDをプロデュースする立場で。

こうして日本武道館でお会いするというのは自分的には、一つの縁を何か感じるよね。

そして彼はNEXT ENTREPRENEUR 2009AWARD優秀賞を受賞した。おめでとう!!!

そんで、こないだ再会して、そんな彼が出した著書を頂いたわけです!!

最近バタバタですが何とか2月中に読破して、アマゾンでレビューでも書こうかな(笑)

 

習慣を変えると頭が良くなる―東大生が教える7つの学習習慣

http://www.amazon.co.jp/%E7%BF%92%E6%85%A3%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%A8%E9%A0%AD%E3%81%8C%E8%89%AF%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E2%80%95%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B7%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%AD%A6%E7%BF%92%E7%BF%92%E6%85%A3%E2%80%95-%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%AB%A0%E5%BC%98/dp/4771109788

————————————————————————————–

おかげ様でamazonランキング、学習指導のジャンルで1位です。(1月31日現在)
ありがとうございます。

めっちゃ一生懸命書きました!お読み頂けたら幸いです。
「あぁ、いわゆる東大生の本ね。流行ってるよね。」とだけは、お願いですから言わないでください。
教育に対する問題意識と、曲がりなりにも信念を持って書き上げました。
よろしくお願い申し上げます!
<自己紹介>
東京大学教育学部4年、清水章弘と申します。「教育」という言葉に過敏に反応します。中2の頃から教育問題に取り組んでいます。中高時代に書き上げた論文は10万字以上、取材した人は100人以上です。

 

大学に通いながら、20歳で株式会社プラスティーという教育ベンチャーを起業しました。週5日練習の体育会ホッケー部と両立しながら、必死に仕事と勉強をしてきました。

 

色んな方々にサポートして頂きながら、日本の教育をより良くするために、日々、邁進しております。皆様、本当にありがとうございます。
このたび、高陵社書店という教育系の出版社様から出版のお話を頂き、12月16日に『習慣が変われば頭が良くなる』という本を出版致しました。
この本を出版するにあたって、背景となっている自分の考えを、少し述べさせてもらえたらと思います。

 
自分は、「自ら学び、自らを育てる」ような教育を理想としています。もちろん、自分だけの話ではなく、友達と共同体の中で成長してほしいと考えています。ただ、「与えられなくては学ぶことができない」のは理想ではなく、自ら切り開いていく力が大切だと思っています。そういう意味での、「自学・自育」です。

 

この本は、主に中高生向けに書いたものなので、がっつりとメッセージを入れにくかったのですが、所々に自分の考えを入れたつもりです。
なるべく体系的に書こうとしました。まず、プロローグで、中高時代につけて欲しいチカラを3つ提示しました。それは、
1.「自分」をコントロールするチカラ
→セルフマネジメント能力

2.「時間」をコントロールするチカラ
→タイムマネジメント能力

3.「記憶」をコントロールするチカラ
→メモリーマネジメント能力(清水の造語です)

の3つです。
会社の代表挨拶にも書いていますが、僕は学力を「学ぶ力×学んだ力」と定義しています。前者が学習サイクルを回す力で、後者がそれによって得た知識・技能・経験。前者には学習意欲も含まれます。

 

僕はその中でも「学ぶ力」に注目していて、それをこの3つのチカラで習得してほしいと書いています。そして、この3つのチカラをつけるために必要な習慣を7つ挙げたのです。ちょっぴりロジック(論理)を大事にしました。

 

そして、最後はこのような要旨でまとめました。
3つのチカラは「自分を育てる」というコンセプトで書いたので、あまり他人が出てきません。他人に左右されないでもできるということで、悪くはないのですが、人とのつながりを大事にしてほしい。

例えて言うならば、一人だけでの経験は、積み重ねの「足し算」。
それをみんなで協力して行えば、「かけ算」になる。
「協力の輪」を広げてほしいと結び、エピローグには「足し算力からかけ算力へ」というタイトルをつけました。
プロローグとエピローグの整合性も意識して書きました。
もちろん、この本はMECE(モレなくダブリなく)ではありません。もっと良い分け方も書き方もあるとは思います。ただ、小手先の受験テクニック本や、小手先の勉強法の本が流行ってる中で、アンチテーゼを提示したかった気持ちが、僕にはありました。

 

また、著者の「言いっぱなし」の本が多い中で、自分はワークシートなどを書かせたり、簡単な実験をさせたり、読者に各章のまとめをさせたりなど、「読者参加型」の本にしようと心がけました。

 

30年後に読み直してみたら、「ここに関する見解は甘いな」とか振り返ることもあるのかもしれません。世間に評価を下されることを不安に思う自分もいます。しかし、出版のお話を頂き、せっかくのお話だし、いい経験になるし、22歳の時点の自分の考えを真っ向勝負でまとめてみたい思いが次第に強くなり、勇気を出して書きました。

 

僕なりに、色んな思いを胸に、色んなチャレンジをした本です。
もしよろしければ、お読み頂けたら幸いです。
「清水、おそらくこんなことが言いたいんだろうな~」とか考えながら、読んでもらえたら面白いと思います。
そして、どなたかに勧めて頂けたら、それ以上の喜びはございません。
このプロフィールをコピー&ペーストして頂いても構いません。
起業して1年半。ここまでやってこれたのは皆さんのおかげです。
本当に、本当にありがとうございます。
こんな奴ですが、これからも清水章弘をどうぞよろしくお願い致します。

————————————————————————————————-

以上です!
またお会いできますのを楽しみにしております!

清水

2007年02月01日06:23 の自分の日記を読み返した。

タイトルは『夢のあきらめ時を考える。』

相変わらず、光井勇人は、今も、昔も、青臭い。

あれから三年経ったんだなと思った。本当にあっという間だった。

でも、あの頃から、決して、ブレてない。逸れてない。

いま、僕は、夢のどまんなかにいる。 

 

 

 

『夢のあきらめ時を考える。』

俺には夢がある
両手じゃかかえきれない
俺には夢がある
どきどきするような

「夢がないと言われてカッとなった。」

最近起こった短大生の妹殺害・切断した事件の容疑者である予備校生の兄の動機が事実かは、分からない。
だが、こんな供述が出ること自体が「夢」に対する強迫概念を感じさせられる。

2/6発売の週間SPAで、【夢のあきらめ時を考える】という特集が組まれていた。

その特集では「夢を見続けることで得るもの・失うものとは?」「私のあきらめ時とその後の人生」「人生をこじらせない夢の見方とあきらめ方」という三章構成になっていて、全体の趣旨としては、年齢や才能の問題で「叶わない夢」があるのは当り前。自力ではコントロールできない、それが人生なのだ。私たちはこの事実を冷静に認めるべきではないか?という冒頭の書き出しとともに、人生をこじらせない上手な設定方法と断念のタイミングをプロが指南するといった、いかにもSPAらしい語り口で綴られていた。

僕らの日常には、夢という言葉が巷では蔓延している。

「夢手帳」が大ヒットした、ワタミの渡邉美樹社長は「夢に日付を!」と雄弁に語り、ケミストリーが優しく僕らに歌ってくれる。

「どうか君の夢をあきらめないで。途方もない夢だとしても」

夢を実現した起業家たちを、マスコミは勝ち組ともてはやす。

しかし、2007年現在、一年間に168,000社が開業されるのに対し、廃業は年間290,000社と言われてる。

冒頭にも戻るが、現代は、良くも悪くも夢を押し付ける傾向が社会全体に蔓延し、「夢」に対する強迫概念を感じている人は少なくないように思える。確かにそうかもしれない。

夢は、時として残酷なまでに現実を我々に突きつける。
過酷なまでの、夢を見続けることのリスクを知らないうちに背負っている。

いつまでしがみつくのか。

それは、本当に才能があるからなのか。
それとも、自分自身に対する過信なのか。
はたまた、「惨めな自分」に対する言い訳で、現実を直視してないだけなのか。

その答えは、きっと誰にも分からない。
でも答えは、きっと未来に転がってる。

小学校の卒業文集に書いた夢。中学校の卒業文集に書いた夢。
高校卒業の時に誓った夢。大学に入ってやっと見えてきた夢。
その重みはきっと全部違うと思う。でもそれでいいんだと思う。

あれもしたい
これもしたい
もっとしたい もっともっとしたい

あれもほしい
これもほしい
もっとほしい もっともっとほしい

資本金1円で起業できる。
ブログで小説を書けば肩書きは小説家と名乗れる。
秋葉原でメイドの格好をすればアイドルにもなれる。

確かに、昔より、はるかに可能性は開かれた。

昔ならあきらめがついてた夢も、中途半端な形ではすぐに実現できる。逆に、だからこそ、夢をあきらめきれなくなっている。

誰かが言った。

「夢は叶わないから、夢なんだよ」

うるせえ。黙ってろ。

夢のあきらめ時を考える。

そもそも夢って一体なんだ?

人によって意味もニュアンスも違うけど、自分の中では一つの目標なんだ。叶えたい、自分がこうありたいと思う目標だ。

でも夢と目標は、何が違うかっていうと、実現可能性が低いもの、遠い未来、やや漠然とした目標に対して、我々は目標という言葉ではなく、むやみやたらと夢という言葉を使ってしまう傾向が強い気がする。

たとえば、「夢は?」と聞いて

「警察官になりたい」と返ってきたとしよう。

でも、「警察官になりたい」は目標であって、目的に対する手段でしかない。

大事なのは警察官になって自分は何がしたいのか。どうしたいのか。なんのためになるのか。なんのためにそれをするのか。

やっぱり、いちばん大事なのは、目的なんだ。

目標は目的を達成する上での手段にすぎないのだから。
だって、もしかしたらその目標を達成するためには、警察官になる以外の最適な手段があるもかもしれないのだから。

目的さえしっかりとあれば、たとえ、目標達成度の振れ幅はプラス・マイナスあっても、その手段がたとえ変わろうとも、まっすぐ目的に向かって歩いている限り、きっと僕らは幸せになれるはずだから。

今、僕らに必要なのは夢じゃない。
夢のあきらめ時を考えることでも決してない。

きっと、目的なんだと思う。

アーユーハッピー?

僕がモーグルという競技を知ったのは中学3年生。たしか高校受験の直前だった。

長野五輪でブラウン管ごしに見た、里谷多英選手の金メダル。

上村愛子選手はまだ高校生3年生だった。

 

あれから12年が経った。

気付いたら、僕は26歳になっていた。

 

1998年の長野五輪。2002年のソルトレークシティー。06年のトリノ。10年のバンクーバー。

この12年間、挑みつけてきた結果、彼女たちは日本を背負って今も世界の舞台で戦ってきた。

里谷選手にとっては五度目でおそらく最後の五輪となる本大会。

転倒してしまったものの、決勝であの攻めの滑りには心が熱くなった。

そして、上村愛子選手のインタビューでの涙を見て、久しぶりにもらい泣きした。

 

 

挑み続けるということ。

夢に向かって。高みに向かって。

限界を超え続けるために、挑戦し続ける姿勢。

本当に一つのことに、一生懸命、賭けるということ。

トップアスリートたちは、今この瞬間も、世界に挑み続けてる。

 

スポーツの世界であれ、ビジネスの世界であれ、エンタテインメントの世界であれ、

どんなフィールドであれ、世界で勝負するということはきっとそういうことなんだと思う。 

 

頑張ろうと思った。

この基準で挑み続けないと。

 

 

4位、涙の上村「なんでこんな一段一段なんだろう」

http://www.asahi.com/sports/update/0214/TKY201002140139.html

 

(13日、五輪女子モーグル決勝) 4位の上村愛子

なんて言うのかな、細かいこと言うときりがないと思うけど、五輪という舞台で全力で滑りたい気持ちはしっかり果たせた。満足、いや満足というかちょっと悔しいですけど。

 ――ポイント見たときの気持ちは

 あそこで1番という数字が出て欲しかったが、前に滑った(3位の)シャノンが良い滑りをしたということで、シャノンと「良かったね」という話をしていた。

 ――メダルに少しだけ届かなかった

 なんで(五輪ごとに順位が上がるのが)こんな一段一段なんだろうと思った。でも、五輪で全力を出すということが、まず第一の難関というか、すごく難しいことだったので、みなさんに良い滑りをしたというのは見せられたと思うので良かったと思う。

 ――強いプレッシャーと戦い続けた4年間だった

 昨シーズンとその前のシーズンで、自分のことをずっと長く応援してくれた人に恩返しできる成績を残せていたので、メダルを取れることが次の「ありがとう」かなと思っていた。今回の試合は「自分のために頑張って」というすごく人が多くて、私らしく滑ってくれというメッセージばっかりだった。それができたことが、すごく嬉しいです。

 ――試合後、たくさんの人がねぎらってくれた

 私がこういうふうに泣いたりするのがあまりないので、みんなが「大丈夫、大丈夫だよ」と言ってくれた。コーチたちが、全力を出し切ったことをすごくほめてくれたし、カービングターンも、とにかくすごく追求してやってきたことを「すごく誇りに思う」と言ってくれた。本当にそれがうれしかったです。

AGE STOCK 2010 IN YOKOHAMA ARENA 開催決定!!

http://www.age-nt.jp/

 

 

AgeStock2010 in 横浜アリーナ 開催にむけて
昨年度、”AgeStock’09 in 日本武道館”の開催において、たくさんの方々にご来場頂き、また多くの方々からのお力添えを頂き、史上初の日本武道館での学生主催イベントの実現、そして満員御礼とすることが出来ました。この場を持ちまして深く御礼申し上げます。

そして2010年。
学生の挑戦は終わらない。

本年は舞台を横浜アリーナに移し、1万2千人のお客様と共に学生が持つ無限の可能性を証明します。
AgeStockは1日だけの出来事ではありません。今日から始まる全てが、同じ時代を生きる学生へのメッセージ。そして11月23日、横浜アリーナでそのフィナーレを迎えます。

子供と大人の狭間の学生は、現実を見て、「夢」を諦め、忘れていく。
たくさんのものを諦めて、人は大人になっていくという。

しかし、大人ではない今だからこそ!!
夢を持ち、それに挑戦するその大切さを、今一度思い出してほしい。

夢、それはみてはいけないものなのでしょうか?叶わないものなのでしょうか?
だったらAgeStockが学生の夢の舞台を創ります。

夢は、叶う。
だから、夢をみよう。
でっかいでっかい夢をみよう。

ただそれだけを伝えたいために、僕らは大学生活のすべてを懸けます。

ぜひ、確かめに来て下さい。夢の舞台を。それに向かう学生の姿を。
そして楽しんでください。熱と夢が織り成す至上のエンターテイメントを。

2010年11月23日、横浜アリーナで会いましょう!
AgeStock実行委員会 代表 江口亮介(慶應義塾大学経済学部2年)

1月23日(土)24日(日)『オンタマカーニバル2010』横浜アリーナ
http://www.tv-asahi.co.jp/ontamalive/

2月14日(日) 『DRF5』CLUB CITTA’
http://drf.laff.jp/blog/

2月27日(土)『KOBE COLLECTION  2010 SPRING/SUMMER』ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)
http://kobe-collection.com/ticket/kobe.html

3月6日(土)『TOKYO GIRLS COLLECTION’10 S/S 』横浜アリーナ
http://gw.tv/tgc/

3月7日(日)『SRC12』両国国技館
http://www.src-official.com/pc/ticket.html

3月13日(土)『KOBE COLLECTION  2010 SPRING/SUMMER 』グランドプリンスホテル新高輪
http://kobe-collection.com/ticket/tokyo.html

3月14日(日)『エレ片フェス2010』横浜BLITZ
http://www.tbs.co.jp/radio/event/owarai/O10215/O10215.html

3月21日(日)『原宿スタイルコレクション2010 spring』有明コロシアム
http://haracolle.jp/

3月22日(月・祝)『DREAM.13』横浜アリーナ
http://www.dreamofficial.com/free/ticket/dream13/

4月4日(日)『PUNKSPRING 2010 』幕張メッセ
http://www.punkspring.com/10/

4月11日(日)『渚音楽祭 2010・春』東京お台場・青海オープンコート
http://www.nagisamusicfestival.jp/

4月24日(土)『夏の魔物プレイベント2010』Zepp Tokyo
http://www.myspace.com/natsunomamono

4月24日(土)『TOKYO GIRLS COLLECTION in Okinawa』沖縄コンベンションセンター
http://gw.tv/tgc/okinawa/

5月15日(土)16日(日)『JAPAN JAM 2010』富士スピードウェイ
http://japanjam.jp/

5月22日(土)23日(日)『THE GREENROOM FESTIVAL’10』横浜・赤レンガ地区野外特設会場
http://www.greenroom.jp/

5月29日(日)『Sense of Wonder』笠間芸術の森公園
http://www.s-o-w.jp/

6月5日(土)『BIG BEACH FESTIVAL ‘10』千葉 幕張海浜公園特設会場
http://bigbeach-fes.com/

7月30日(金)31日(土)8月1日(日)『FUJI ROCK FESTIVAL’10』新潟県 湯沢町 苗場スキー場
http://www.fujirockfestival.com/

7月31日(土)8月1日(日)『SETSTOCK’10』広島県庄原市国営備北丘陵公園
http://www.setstock.jp/

8月6日(金)8月7日(土)8月8日(日)『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010』茨城県ひたちなか市国営ひたち海浜公園
http://rijfes.co.jp/10/

8月7日(土)8日(日)『SUMMER SONIC 2010』千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
http://www.summersonic.com/2010/

8月13日(金)14日(土)『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO』北海道石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
http://rsr.wess.co.jp/2010/

8月21日(土)『AOMORI ROCK FESTIVAL ‘10~夏の魔物~』青森 つがる市森田町 つがる地球村円形劇場
http://blogs.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendId=1004552818&blogId=524202996

8月21日(土)22日(日)『MONSTER baSH 2010』香川県まんのう町国営讃岐まんのう公園
http://www.monsterbash.jp/

8月29日(日)『RUSH BALL 2010』大阪・泉大津フェニックス
http://www.rushball.com/

 

 
以下、日程情報未解禁。

DANCE@LIVE FAINAL 2010
http://www.dancealive.tv/final2010.php

Girls Award 2010 spring/summer
http://girls-award.com/pc/

湘南音祭2010
http://www.shonanotomatsuri.com/

横浜レゲエ祭2010
http://www.yokohamareggaesai.com/

WIRE2010
http://www.wireweb.jp/09/front/index.html

 

 

そして、2010年いちばん見たいイベント。

Age Stock 2010
http://agestock09.age-nt.jp/

Twitter はじめます!!!

https://twitter.com/mitsuihayato

2010年02月01日 業務拡大に伴う本社移転のお知らせ

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、弊社では平成22年2月15日(月)より事業拡大のため

本社事業所を移転することになりましたのでご案内申し上げます。

新本社への移転を機に、業務の拡充に一層努力する所存でございますので、

今後ともご支援ご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。敬具

 

 

2010年2月吉日
株式会社エイジ・エンタテインメント 代表取締役社長 光井勇人

 

 

■新住所
〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-2 赤坂MSビル

アクセス:
千代田線「赤坂駅」から徒歩3分
丸の内線「赤坂見附駅」から徒歩10分
銀座線・南北線「溜池山王駅」から徒歩10分

2 月01

バイバイ。

2007年8月1日から2010年2月1日から。

今日に至るまで、数え切れないドラマがこの場所で起こった。

筋書きなんかねー、リアルで等身大の上京物語。

この場所で、何度朝まで夢を語り明かしたかわかんねーや。

 

すべては、この場所からはじまったんだ。

 

 

ここには、大学時代の夢しかない。

ここには、大学時代の思い出が詰まってる。

だから渋谷を離れたくない。やっぱり大好きだから。

 

それでも僕は、この場所を離れ、新たな夢を掴みに行く。

 

バイバイ。

僕を育んでくれた渋谷。

 

バイバイ。

僕が大好きだった渋谷。

 

ありがとう。

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) AGE Entertainment Inc. All Rights Reserved.